« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

今晩は

今晩は ミト 早く お風呂に入れて テイに寝かしつけを頼んでcoldsweats01

「母べえ」を観るんだwink

劇場公開のとき おかあに一緒に観にいこうと誘ったら

「しみったれた映画は嫌い」と断られてしまったので

観れなかったんだ~weep

ミトの寝かしつけはテイがいつもしてくれるので

夜に自分の時間ができてほんと助かってますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

狼少女

「真木栗ノ穴」劇場で観れなかったんだけど
予告篇みたらすごく気になる感じで...

同監督のこちらを観てみました

見世物小屋...
小学生時代、地元の神社にも来てました
あのおどろおどろしい看板の絵にものすごい好奇心を掻き立てられました
結局入ったことはなかったけど

昭和のおはなしということで
なんかいろんな細かいところで共感できる部分が多かったので観ていておもしろかった

脚本もしっかりしていて安心して観れたし
キャストもぴたりなんじゃないんでしょうか

ラストは自分でもびっくりするくらい涙が出てきて
目が腫れたほど

それほど感情移入してしまいました

|
|

wowowです

サンシャイン2057

エイリアン2

ハンニバル

夜中観るのにふさわしいですね~catface

次の日はぐったりですが...

| | コメント (0)
|

東南角部屋二階の女

「おもいやり」について
考えさせられました

西島秀俊演じる野上が
やりきれない気持ちを涼子にぶつけるシーン

自分がとんでもないことをしてしまったと気づいた瞬間とか... 
わっ!!とおどかされた瞬間とか...

からだ中の血が騒いでチリチリとする感じ...?

そういう感じになりました

結構しんどい野上の状況に同情して涙が出ました
そんな野上を演じた西島秀俊がサイコーに素敵でした

藤子さんの存在感もとても印象的
いつもそばにいてほしい という感じです
自分が歳を重ねていってもこんな感じには
きっとなれないだろうなぁと
ちょっと悔しいような悲しいような...

|
|

画家と庭師とカンパーニュ

全く異なった人生を送ってきた画家と庭師

偶然の出会いでお互いの人生に癒しの時が訪れる


画家と庭師はオートゥイユとダルッサン

いいねぇ!

二人の何気ない会話に顔がほころんでしまいます


首にハンカチをキュッと結んでいるの

好きだなぁ~~こういうの

ラストは悲しいけれど心がほっこりと温まりました

|
|

マルタのやさしい刺繍

おばあちゃんのお話!

このおばあちゃん、とてもかわいい
でもかわいいだけじゃなく
芯がしっかりしていてとても強気


おもしろかったです

歳をとる勇気をもらいました

|
|

落下の王国

すごく期待して観ると
がっかりということが多いですが
ぜんぜん裏切られませんでした

ターセムの世界に引きずり込まれて
酔いました

「ファンタジー」と「残酷」って
どうしてこんなに惹きつけられるのだろう


幼い頃に慣れ親しんでいたおとぎ話
(特に影のあるおはなし)の世界観が
心の奥底に染み付いて離れていない

好きなんだろうな、と思う

前作「ザ・セル」もやっぱり好きな感じで


夜こどもにおはなしを聞かせてあげるの
だけど こんなに素晴らしい想像力で
おはなしできたらいいのになぁ

|
|

googleの旅

お正月にやってたTV番組の影響で

googleの航空写真地図を見ていろいろ旅に出かけてます

まずは

行ったことがあるけどそう何回も行けないところ...

新婚旅行で行ったところなどを

歩いたとおりになぞってみたりして遊んでます

ストリートビュー機能が使えるところは

まるでその町を歩いているみたいで

わくわくします

今日は自由の女神に会いに行きました

「やったー N.Y.に来ちゃった」

とかはしゃいだりしてます(笑)

若かりし頃住んでいたアパートは

今は取り壊されて駐車場になっていたので

ちょっとさみしくなりました

こういうことをお仕事中にしてます

ごめんなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »