« 運動をかねて | トップページ | 永遠のこどもたち »

パンズ・ラビリンス

スペイン内戦下、父を亡くし、母の再婚相手の屋敷へやってくる少女

少女は不思議な妖精に誘われ森の中へ

そして自分が地底の王国のお姫様だと聞かされる...

あれは悲しい現実から逃れるための

オフェリアの妄想の世界なのか

ラストは観る人によって解釈が変わると

思うけれど

私は何度考えてもひとつには定まらないです

美しい少女

残酷な養父

深い森

得体の知れない妖精やモンスター

夢と現実

恐ろしい時代

さまざまなキーワード...

大人のためのおとぎ話 ですね

ギレルモ・デル・トロ

メキシコの監督

|
|

« 運動をかねて | トップページ | 永遠のこどもたち »

エイガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512017/29100202

この記事へのトラックバック一覧です: パンズ・ラビリンス:

« 運動をかねて | トップページ | 永遠のこどもたち »